ラッコになって一日じゅう牡蠣を食べていたいかも~


牡蠣についての愛を語らせたら、私は一晩中でも喋れます。
そもそも貝が好きで、アサリからホタテからトコブシから貝ならなんでもかかってきなさい!って感じなのですが。
やはり私にとってのキングオブ貝は牡蠣でしょう。
牡蠣って見た目はグロテスクだし、漢字で書くと難しいのに、味はなんとも可愛い(ってどんな味だ?)。
ふんわりしてたり、ぷりっと引き締まっていたり、種類によって身の感じはいろいろですが、口に含むと広がる旨味はどの子も優秀です(って我が子扱い?)。
ジューシーさ、濃厚さ、クリーミーさ。そんな味わいすべてが私の本能的なところを刺激するんです。
昨年のこと。友人との忘年会をどこのお店でしようかという話になり、新しくオープンしたオイスターバーをリクエストしました。
ところが「ノロウイルス大流行の今、生牡蠣なんて怖くて食べられない!」と反対されてしまい……。
友人やめようかと本気で悩みました(ちなみに彼女とは時期を変えて一緒に牡蠣を食べに行ったので友達継続中)。
友情か牡蠣かと問われたら、牡蠣をとるかもしれない私。前世はラッコだったかもしれません。
日がな一日波の上に寝そべり、お腹に乗せた貝を割って食べて暮らしている、ラッコ。
でもシロクマやシャチなど獰猛な敵から逃げ回らないといけないだろうし、ラッコはラッコで大変かも。
人間として牡蠣小屋で牡蠣を食べているほうが幸せかな……あぁ、牡蠣、食べたくなったよ~~

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ